(。・_・。)ノ{晴れるやチャンス 2

れんとセーラと香(かざ)と颯太(そうた)&保護犬ボランティア活動のことなど・・・

小さい頃に思ったこと  




小さい頃、母から聞いていたのか、他からの知ったことだったのかはおぼえていませんが
保健所に迷子として保護され、飼い主さんが現れなかったら・・・その犬猫達はどうなるのか・・・
もし、犬を自分のうちで家族として迎えるなら、保健所から迎えたいとこどもながらに思っていました。



私の母は犬が苦手だったので、どちらにしても犬を迎えることは無理なことでした。
猫は知人が譲ってくださった子を家族に迎えたことがあります。



小さい時に思っていたことをずっと思っていたわけではないけれど
ネットでいろいろ検索していってみましたところ、いつでも里親募集にたどり着きました。
7年前に、れんを個人で保護してくださった方から迎え
同じ年の夏にセーラをちばわんから、その2年後に香もちばわんからうちの子になりました。
シェルレスの預かりボラになったのはその1年後くらいかな。
そして、2番目の預かりっ子だった颯太をいろいろあってうちの子に迎えました。
こんなにも大家族となるとは予定外でしたけれど(^0^)/




*      *      *




さてさて、せっかく更新したので最近の様子を♪
特にネタもないし、寒くて引きこもりがちになりそうな毎日ですが
皆、元気に過ごしています♪



日曜日に近くの昭和記念公園へ行って来ました。
いつものことながら、写真をあまりどころか少ししか撮ってませんでした。



IMG_20140119_135926.jpg

ランで遊んだ後は、公園内を散歩しました。
この日は風が強くて散歩も人間が大変でしたけど
最年長のセーラもゆっくりではありますが、香や颯太と同じ距離を歩くことができました。



と、セーラの写真がないので(^^;)
颯太の写真を~

IMG_20140119_133637.jpg










昭和記念公園の駐車場料金、1時間単位にしてくれないかなぁ。
そしたら、平日でもワンコ連れて気軽に行けるのになぁ~。 










スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

コメント

大家族、賑やかで 毎日が楽しいですねーo(^o^)o

PU #- | URL
2014/01/24 20:27 | edit

子供の頃から思っていたことを、大人になって実行しているセーラママさんは偉いですね。
私はママさんと反対に、小学生の時からいつも犬がいました。
ミニチュアプードル、アメリカンコッカ―、トライのコリー。
みんな純血種ですが、いつも父が成犬で知り合いからもらってきていました。
どこからもらっていたのか、今となってはわかりません。

時々散歩には行きましたが、ほとんど適当で、世話は母任せ。
犬が亡くなるたびに 「今度こそはちゃんと散歩してあげよう」。
その決心を実行したのは、自分の責任で飼ったシェルティ初代のロビンからです。
保護犬の存在を知ったのはロビンが亡くなってからだから、ママさんに比べたらとんでもなく遅い。
それにママさんと違って、自分でお世話できるのは2頭が精一杯です。
だから、保護犬を何頭もお世話している方には頭が下がります。

ボビンの母 #1wmyJlVs | URL
2014/01/25 00:24 | edit

PUさん

いつの間にか、人間の数と同じ頭数になってましたぁ(^O^)

れセ香母 #- | URL
2014/01/26 00:57 | edit

ボビン母さん

小さい頃から犬と一緒に育ってきたボビン母さんが羨ましいです。
しかも、コリーとも一緒に暮らされてたのですね♪
お父様がどこからもらってきたのか、成犬と聞いて余計に気になります。


以前、瑞穂のドッグランでお会いした方は、横田基地の人が帰国して
残していった犬を何度か引き取ったそうです。なので、犬は買ったことがないとおっしゃっていました。
センターやブリーダー放棄などからだけでなく、私達の知らない経緯で
里親になる方もいるのだと知ることができました。

颯太は考えに考えて、自分の家の子にしました。
その家庭にもよりますが、私も犬のお世話は2頭が理想だと思います。
でも、セーラと香が手がかからない子なので、助かっています。

れセ香母 #- | URL
2014/01/26 01:12 | edit

まさか、猫1・犬3になるなんて誰も思っていないわー
うちのわんにゃん+1ワンがあたりまえになってるのーここ最近

○○ #- | URL
2014/01/26 02:19 | edit

レスキュー

今頃?のお返事。さくらがいる頃は 保護犬の事は 見ぬふり。
いえ 恐くて 見れなかった。 梅子をシェルレスから 紹介されやっと 向き合うことができました。 さくらとの幸せな時間は、多くの繁殖犬の犠牲があったんですね。

梅子ママ #- | URL
2014/03/07 14:37 | edit

梅子ママさん

何かのきっかけがない限り、なかなか保護犬猫の状況を知ることは
ないのではと思います。
私もセーラを迎えるまでは保護団体の存在を知らなかった一人です。

さくらちゃんもお空から梅子ママのことを応援してますよ。きっと!

れセ香母 #- | URL
2014/03/09 23:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://renserakaza.blog57.fc2.com/tb.php/333-645da754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)