(。・_・。)ノ{晴れるやチャンス 2

れんとセーラと香(かざ)と颯太(そうた)&保護犬ボランティア活動のことなど・・・

やっと・・・会えたね  





2月下旬、関東の愛護センターから連絡が入りました。
11歳のシェルティの女の子、飼い主持ち込み。



高齢なので、持ち込んだ理由は病気ですかと確認しました。
理由はそうではないとのこと、健康状態も悪くないようでした。



シェルレスで保護できるか、預かり先もいっぱいな時だった。
会で相談してお返事しますと、電話を切りました。



すぐには預かれないけれど、なんとかシェルレスで保護したいということになりました。
センターも、収容棟に空きがあるので、それまでおいてくださるとのこと。



どんな子か、1度は引き出す前に会いに行こうと思いながらも、車の修理などで、
都合がつかなくて行けず。



3月に入ってから、担当の方と電話でシェルちゃんの様子をうかがいました。
心雑音があること、お庭でトコトコと歩いたり、人馴れもしていて、吠えなどなく穏やかな性格。
早く出してあげたいけど、もう少し待っててね。










13日にやっと迎えに行くことができました。
収容棟に直接入って、シェルちゃんとご対面。
小柄だと聞いていましたが、思ったより小さい、目が大きな可愛い子。

所長さんに見送られて、我家に。




FxCam_1363149583173.jpg

こんな可愛い笑顔をしてくれました。



11歳まで一緒にいて、捨てるなんて、ありえない。。。

この子を預かってくださる代表が、迎えに来るまでの時間。
元飼い主への怒りと、いろんな感情が湧いてきました。



ただただ、この子の残りの犬生が、少しでも長く穏やかに過ごせますように。。。


   













スポンサーサイト

category: 未分類

コメント

No title

本当にかわいい笑顔です。
このかわいい笑顔のこの子をセンターに
置いていくなんて、どんな生物の仕業でしょうか。

所長さん、かわいがってくださっていたのでしょうか・・・。

シェルちゃん、どうか穏やかな毎日を送れますように。
れセ香母さまはじめ、預かりさんをしてくださっている皆様、
寒暖の差の激しいこの頃、お身体気をつけてお過ごしください。

テク #EnWc0M/M | URL
2013/03/15 23:58 | edit

テクさん

センターからの最初のお話では10歳と聞いてましたけれど、誕生日をセンターで迎えたのかな? 正確な年齢は11歳だそうです。

セーラも推定11歳~12歳なので、同じくらの年齢です。
一緒に過ごした6時間、この子が愛おしくて仕方がありませんでした。

翌日、代表が協力病院にシェルちゃん連れて行ってくださいましたが
心臓は相当悪いそうで、来週また検査の為、通院するそうです。

やはり、放棄した理由は病気だからなかぁヽ(`Д´)ノ

所長さん、見送ってくださる時に、すんごく温かい眼差しで、「よかったね」とシェルちゃんに声をかけてました。

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/03/16 14:46 | edit

No title

この写真、11歳で亡くなったロビンにそっくりです。
二代目のボブはフィラリア陽性で僧帽弁閉鎖不全を承知で里親になりました。
ですから、心臓の悪い場合にどのような経過をたどるか、よくわかっています。
そんなわけで、この子のことが気になってしかたありません。
ロンとなつがいなかったら、何かの縁と思って里親を申し出たと思います。
でも、元気で賑やかな2頭と一緒に暮すのは、この子にとって一つもよいことなどないはずです。
そうは長くないかもしれないこの子の残された時間を、穏やかでゆったりと共に過ごしてくださる里親さまが現れることを、切に切に願っています。

ボビンの母 #1wmyJlVs | URL
2013/03/17 17:21 | edit

ボビン母さん

心臓がそこまで悪いとは、代表からシェルレスに報告が上がったのを
確認した時、とてもショックでした。
でも、代表もご自分のワンコが心臓病だったので、やはり預かりっこ
も預かりを選ぶのだなぁと思いました。

ボビン母さまもいろいろ経験された方なので、病気への知識と対応
はすごいなぁと、いつも感心しております。
大変な子を預かれる方はそういないと思います。
私は颯太の骨折以外は全く経験ない為、重い病気の子を預かることに
なったら、あたふたしそうで、無理そうです。

母さまみたいに本当の優しさを持った方からのお申し出があるとよいですね。
一緒に居らる時間は短いかもしれませんが、この子のことを本当に思ってくださる方、そして受け入れられる環境の方がどこかにいるのではと願ってます。

代表も、ソフィーのことをとても気に入ってくださってますので、ソフィーは
すでに大切に愛されてますけど(嬉)

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/03/18 00:38 | edit

No title

飼い主さんが病気だとか、経済事情が悪いとかいろいろ理由はあるのでしょうが、レスキューに相談するとか、その子の命を守る努力をしないのは、愛がないんでしょうか…。

この笑顔を見ていると泣きたくなります。

koaporo #IjPerQXU | URL
2013/03/20 12:04 | edit

koaporoさま

例えば、飼い主本人が病気になったりとか、センターへ持ち込む人の
中でも、どうしても一緒にいられなくなってしまう事情もあるかと思います。
それでも、新しい飼い主を見つける努力をしたのかと、いつも思います。

ソフィーの年齢と病気のこともあって、いつになく私も悲しくなりました。

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/03/20 19:48 | edit

ありがとうございます。

初めてお便りいたします。

我が家にもシェルティがおりました。とてもとてもかわいいいい子でした。13年3カ月一緒に暮らしましたが、この3月15日に、旅立ってしまいました。

最近の写真は辛くて見ることができす、面影を探してネットをさまよっておりましたところ、こちらに巡り合いました。

うちの子に、面差しが似ています。

大変申し訳ないのですが、私自身まだ悲しみの底にいて、何もしてあげることができません。

この子を助けていただいている皆様に、感謝しております。

どうか、この子が、これからは幸せな犬生を送れますように願っています。

くりママ #- | URL
2013/04/05 00:03 | edit

くりママさま

ご訪問、コメントありがとうございます。

くりママさまのシェルティちゃんはとても愛されて、最期まで幸せを感じながら、
お空の住人になったのですね。
まだまだお辛い中、ソフィーを気にかけてくださいまして、ありがとうございます。
また、シェルちゃんと面差しが似ているとのこと、このブログにたどりついたことも、偶然ではないかもしれませんね。

ソフィーは穏やかで可愛い子です。残りの犬生が幸せでありますように、これからも見守ってくださると嬉しいです。

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/04/05 13:57 | edit

初めて投稿します。昨日、友達からシェルティレスキューを聞き、インターネットを開き、活動内容を拝見させて頂きました。我が家にも三年前、シェルティがおりました。しかし、わずか5歳でガンになり、治療の甲斐無く天国へ旅立ってしまいました。亡くなった7月4日愛犬、蘭丸は大好きな夫に抱かれ、最後に大きな息を一つ…苦しむ事無くあっけなく逝ってしまいました。この日の事は今でも鮮明に覚えています。
ペットとはいえ、家族同然です。
しっかり、人間の言葉も理解してると、私は思っています。シェルティに限らず、全ての動物達が最期まで幸せに暮らせます様に。私も、これから何かの形で、会に貢献して行きたいと思ってます。

徳本恵美 #- | URL
2013/04/05 23:31 | edit

徳本さま

はじめまして。
コメントありがとうございます。

蘭丸ちゃん、若くしてお星さまになったのですね。
大好きな人の腕の中で安心して一息ついたのでしょうか。。。
治療は大変だったとお察しします。
楽しい思い出はもちろん、大変だったことも、時が経てば、それも大切で忘れられない思い出となるのかもしれませんね。

ソフィーを含め、高齢犬の譲渡はなかなか難しいですが、もし里親さんが見つからなくても、安心して暮らせる場所がありますので、それだけでもよかったと思います。

徳本さまの温かいお気持ち、とても励みになります。
私も細く長く、何らかの形で保護活動を続けて行きたいと思っております。

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/04/06 14:35 | edit

No title

飼い主が保健所に持ち込むなんてほんとうにつらいことですね。それでも保健所から救うことができたことにを喜びたいと思います。早く新しいおうちが見つかりますように。

亀岡でワンニャンとともに #- | URL
2013/04/15 18:13 | edit

亀岡でワンニャンとともにさま

救いたくても救えない子もいるなか
ソフィは飼い主に捨てられましたが、命が繋がったことを
嬉しく思います。そして運が良かったですね。

せっかく繋いだ命ですから、幸せになってもらわなければですね。

れセ香母 #wQdlryMw | URL
2013/04/16 22:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://renserakaza.blog57.fc2.com/tb.php/268-32d19de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)