(。・_・。)ノ{晴れるやチャンス 2

れんとセーラと香(かざ)と颯太(そうた)&保護犬ボランティア活動のことなど・・・

ふたたび  

ブログ放置をしていました。



今回はいつものようなおさぼりとはちょっと違いまして。

正直、へこんでおりましたぁ。




理由は颯太・・・

1月23日にプレートを外す手術を行い、ブログで報告後

退院後安静の1週間を無事に過ごし、2月7日の通院日での経過も順調で

お散歩の時間も長くできるようになり、一安心したところ

2月11日の夕方にインターホンの音に反応した颯太

大騒ぎを止めようとした時にはすでに遅し、足を上げてしまいました。

言い訳はしません。完全に管理が甘かったと言うしかありません。



すぐにホームドクターに診ていただき、レントゲンと触診の結果、プレートは

ずれていなく、骨折部位異常は見られないとのことでした。

足の外側の部分が何かにぶつけたようで、擦れているのでそこが痛いのではと

のこと。

その日は痛み止めのお薬を出していただき、後日大学病院で診てもらうことに。


14日の一番遅い時間に、なんとか大学病院で予約をとることが出来診ていた

だきました。

結果はプレートを外した方ではなく、外側プレートが入っている部分にひびが

入っていました。

残念な結果になってしまいましたが、このまま残してあるプレートを入れたま

までは治りません。

プレートを外し、またまた内側にプレートを入れ直す方向で選択をしなければ

ならなくなりました。

先生の説明を受けた時には暫く言葉も出ませんでした。

自分の管理が甘かったことと、またまた手術をしなければならないこと。

先生も沈黙。。。

私が決断して返事をしなければ、先生も困りますからね。

一番早い日程で手術をお願いしました。


手術は2月22日午前、お昼過ぎには無事手術が終わりました。

今回の手術でも颯太自身の肩からの海綿骨移植

1月23日にプレートを一度外しているので、ボルトで留めてあった部分を

避けて今回はプレート固定をしなければならない為、去年の8月に行った手術

より繊細な手術になりました。

入院は10日~14日間。


2回面会に行きましたが、2回ともモニターのみ。

入院6日目に先生より電話、経過が順調なので3月2日に退院できるとの嬉しい

報告をいただきました。


入院中の面会時に先生に、颯太を日常管理するのはとても大変なことを伝え

今後はプレートを入れたまま生活をさせたいと希望いたしました。

本来ならば、いずれはプレートを完全に外すことがベストなことだとの説明は

以前から受けております。

ただ、普通のワンコと違い、颯太の性質上、不安がありました。

それを完璧に管理するのも大変だと言うことも。

そんな不安が今回見事に・・・


普通のワンコなら、足の骨のベストな治療が出来たと思います。

しつこいようですが、颯太では無理、限界を感じた私です。

先生も今日の退院時に、今後はこのままプレートを入れたままでいきましょう

今月末にもう一度経過を診て、順調ならば通院は終わりになります

とのことでした。

ただ、プレートを残すことで、今後骨が萎縮してしまうこともありえるので

その時はプレート固定の調整を要することになるそうです。



こういう結果になりましたが、まだまだ2週間は安静。

お散歩は1日5分を4回。



3月27日の通院が最後になりますように。


2012030219350000.jpg


ぐっすりというより、ぐったり寝ている颯太

でも、相変わらずな颯太は健在です! こらぁ、少しはおとなしくなれ!
スポンサーサイト

category: 颯太(そうた)

コメント

そうたくん・・・。

大変なことになっていたのですね。

ピンポンの音で・・・。それは、落ち込むのも無理はありません。
颯太くんの性質上の事、相談されてよかったです。
今後のプレートの事は、とにかく骨がしっかりついてからまた
考えられては・・・。  細い足で何回もの手術、プレートの固定・・・。
なにより救いなのは、颯太くんが変わらず元気だという事です、ね。

セーラちゃんも香ちゃんもれんくんも颯太くんとおもいっきり
遊びたいでしょう。明けない夜はないと言いますが、まだまだ完治までは時間がかかるかとおもいます。どうか、ママさんもご家族の方もお疲れの出ないように過ごしてください。

テク #EnWc0M/M | URL
2012/03/02 23:16 | edit

テクさま

そうなんです。
もう足を上げた瞬間、うそでしょって思いました。
颯太を完全に見張っているのに限界を感じました。
颯太は人が外出する用意をしたり、外で人の気配を
感じた時、また電話の呼び出し音に反応してしまいます。
ただ、その反応の仕方が大騒ぎなんですよ。
ここが普通のワンコと違うところなんです。

>今後のプレートの事は、とにかく骨がしっかりついてからまた
考えられては・・・。  

いつの日か、そのような経過になれば、それが1番よいですよね。
獣医師もそれを望んでいると思います。

一時はへこみましたが、へこんでいても仕方ないので
颯太と暮らす上でベストな方向を考えて、今回の結果
となりました。
ご心配ばかりかけて、すみませんです。

れセ香母 #- | URL
2012/03/03 15:07 | edit

No title

大変でしたね。

元気だから動いてしまうのでしょうし…。

もう多分しておられるかもしれませんが、
電話やインターホンを消音にすることはできますか?

多分気配で感じて反応してしまうとは思いますが、
「びっくり感」がちょっとでも和らげばと思いまして。

人が来たりするとうちのコロスケも反応がすごいので、
他人事とは思えず…

koaporo #IjPerQXU | URL
2012/03/03 18:05 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2012/03/04 02:55 | edit

颯ちゃん・・・

今回の手術はそういうことがあったのですか・・・
大変でしたね(´;ω;`)
持って生まれた気質はなかなか変わらないし
かといってずっと見張っているわけにはいかないですものね・・・
何だか本当に申し訳ありません(´;ω;`)
でも颯ちゃんは、ご家族の皆さんに愛されて大事にされて
本当に幸せな子です(*^▽^*)

ともちゃん #0VjAYkvw | URL
2012/03/04 08:33 | edit

koaporoさま

コメントありがとうございます^^
またもや手術となってしまいました。
インターホンはすぐに消音にしました。
誰かが来ても人間だと分からないくらいに(汗)
電話はインターホンほど反応しませんし、大騒ぎは
声(吠え)だけなので、問題なく過ごしております。
コロスケくんも反応がすごいのですね。男の子は
女の子よりすごいみたいですね。

今回のことでは落ち込みましたが、颯太と少しでも
お互いに生活しやすくできるように、また頑張りますね。

れセ香母 #- | URL
2012/03/04 13:33 | edit

鍵コメさま

コメントありがとうございます♪

私も今度こそはと思っていたのですが
一安心して、少し気が楽になった時に事件がおきて
しまいました。

理想はプレートをはずすことなんですがね。
1月の手術を行う前の通院でも、プレートをはずすことの
不安は少し話していたのですが・・・どちらを選択したと
してもマイナス面はでてくるということですね。

颯太をいつかドッグトレーナーに相談したいとは思って
いるのですが、あいつの場合どうでしょうね(笑)

れセ香母 #- | URL
2012/03/04 13:43 | edit

ともちゃんさま

今回のこと、報告しなければと思いつつ
へこんでいたのと、自分が情けないのとで
なかなか、書けませんでした。
それに退院するまでにまた何かあってもね。

颯太みたいに手がかかる子は可愛いですよ。
良いところもたくさん持っているから、そこを
伸ばしてあげたいです♪

縁くんも風ちゃんも保護前の環境では十分に
ケアしてもらえなかったけれど、2人ともともちゃん
の子になって、しっかりと医療を受けられて幸せだね。
颯太の通院している大学病院は予約がびっしり
でも、病気やケガになっても、病院に来られる子は
幸せなんだなぁと思います。

れセ香母 #- | URL
2012/03/04 13:53 | edit

つらいなぁー。

そうちゃん、大変なことになっちゃって・・つらいですね。。
動物や子供は具合が悪いからダメだよーって言っても
なかなかですものね~難しいですよね(涙)
そうちゃんも「あれ!痛い!!」って感じたと思うけど・・
れセ香母さんも「ヤバイ!」って思い、辛いですよねー。

昔飼っていたポメが足を骨折して、細い足に針金を入れて
固定させ、やっともう大丈夫でしょう!と針金を取った後に
ちょっとジャンプしただけで、また同じところをポキッと・・
結局、また手術をしてそのまま針金みたいなものを
入れたままで過ごすことになりました、、
もう可哀相でしたよ~れセ香母さんがへこんでしまう気持ち
わかるような気がしますよ~涙

そうちゃんもれセ香母さんもファイト!考えちゃうことがいっぱい
あると思いますが、落ち着いたら・・犬猫の話をしながらたまには
ランチでもしながらお話しましょうね。。頑張ってくださいね!!

笑顔ママ #6uFMIzwg | URL
2012/03/05 01:18 | edit

笑顔ママ

足を上げた時には、はぁ~、もう嘘でしょ、って感じでした。

また手術をさせるのもかわいそうだし・・・
でもしなければならないしで。
笑顔ママからも、以前ポメちゃんの話を聞いていたし
PCでも、犬骨折で検索して、同じような症状のワンコの
ブログを読んだりしてたのですが、固定をはずした直後に
再骨折するパターンは少なくないようですね。
先生もそう言っていました。
安静させながら、でも足に負荷をかけなければいけないし
そのあたりが管理する飼い主には難しいことなんだなぁと
今回のことで思い知らされました。

話は変わって、ランチ♪ 出来れば近々したいです^^
娘が来月から社会人だから、今のうちにならお留守番を頼めるし
今月中にでも!
メールしますね~♪

れセ香母 #- | URL
2012/03/05 09:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://renserakaza.blog57.fc2.com/tb.php/199-9bbab157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)